制御実験装置

データ収集ボード

PCIアドバンス

PCIアドバンス MF624

MATLAB・Simulinkがあればリアルタイムワークショップやコンパイラーなしで制御実装が可能です。 MATLABのバージョンもR11〜R14まで対応します。

→PCIアドバンス MF624 or PCIeアドバンスMF634について詳しくはこちら

PCIエントリー

PCIエントリー AD622

PCIエントリー AD622 MATLAB・Simulinkがあればリアルタイムワークショップやコンパイラーなしで制御実装が可能です。 MATLABのバージョンもR11〜R14まで対応します。

→PCIエントリー AD622について詳しくはこちら

ThunderboltマルチファンクションボードMF644

ThunderboltマルチファンクションボードMF644

MF644データ収集ボードはThunderboltポートを持つノートPCを用いSimulink環境から高速実時間制御に利用するI/Oボードです。
ハードウェアの専門家でなくとも外部のアナログやディジタル信号に容易にアクセスできます。
ブロックライブラリを使用することで直接Simulink環境から信号処理、コントロールシステム設計、および同様のタスクを実験することができます。

→ThunderboltマルチファンクションボードMF644について詳しくはこちら

モーションコントローラカード PIDO-400 Multifunction Data Acquisition Card

モーションコントローラカード PIDO-400 Multifunction Data Acquisition Card

PIDO - 400はアナログ入出力、デジタル入出力、インクリメンタルエンコーダ、タイマー、カウンターを搭載した高機能マルチファンクションボードです。
FPGAチップによりインクリメンタルエンコーダ信号の処理、PCとの通信を完全に行います。

→モーションコントローラカード PIDO-400 Multifunction Data Acquisition Cardについて詳しくはこちら

このページ(制御実験装置[データ収集ボード])のトップへ