制御実験装置

データ収集ボード

PIDO - 400はアナログ入出力、デジタル入出力、インクリメンタルエンコーダ、タイマー、カウンターを搭載した高機能マルチファンクションボードです。FPGAチップによりインクリメンタルエンコーダ信号の処理、PCとの通信を完全に行います。

モーションコントローラカード PIDO-400 Multifunction Data Acquisition Card

PIDO-400 Multifunction Data Acquisition Card

収集カードは、PCIバスタイプでPCのバスからの電源電圧+5 Vを使用しています。ボードには、CとC + +ソースコードでのドライバールーチン、インターコネクトモジュール、100ピンSCSIタイプケーブル、マニュアル、機能テスト用のソフトウェア、ドライバルーチンが含まれています。
通信:PCIバス
モーション性能
 :1〜4サーボ、1〜3ステップモータ制御
 :パルス/ディレクションまたは時計回り/反時計回りステップ制御
 :各軸最大ステップレート1.25MHz
 :サーボ安全保護

エンコーダ:3(シングルエンドまたは差動入力)16ビット、デジタルノイズフィルター
タイマー:プログラマブル16ビットカウンター
A/D :オプション(4チャンネル12ビット)
D/A 4チャンネル16ビット
デジタルI/O
  :入力16絶縁チャンネル(各軸ホームスイッチ、リミットスイッチ、アンプ故障信号用)
  :出力8絶縁チャンネル(各軸アンプイネーブル信号、アンプリセット信号用)
デジタルI/O
  :入力12チャンネル(未割当)
  :出力12チャンネル(未割当)

このページ(制御実験装置[データ収集ボード-モーションコントローラカード])のトップへ