制御実験装置

データ収集ボード - Thunderbolt I/Oボード

ThunderboltマルチファンクションボードMF644

ThunderboltマルチファンクションボードMF644

MF644データ収集ボードはThunderboltポートを持つノートPCを用いSimulink環境から高速実時間制御に利用するI/Oボードです。
ハードウェアの専門家でなくとも外部のアナログやディジタル信号に容易にアクセスできます。
ブロックライブラリを使用することで直接Simulink環境から信号処理、コントロールシステム設計、および同様のタスクを実験することができます。

必要環境

エクスターナルモード(0~20KHzサンプルタイム)で使用される場合、Mathworks社よりMATLAB 2015a、Simulink、Matlab Coder、Simulink Coder、 Simulink Desktop Real-Timeを別途購入頂く必要があります。
ノーマルモード(0~1KHzサンプルタイム)で使用される場合、Mathworks社よりMATLAB、Simulink、Simulink Desktop Real-Timeを別途購入頂く必要があります。

仕様

アナログ入力
チャンネル 8 シングルエンド(SE)
A/D 14-bit, simultaneous sampling
変換時間 1.6 microsec. 1 channel
1.9 microsec. 2 channel
2.5 microsec. 4 channel
3.7 microsec. 8 channel
Trigger mode software, timer, external
アナログ出力
チャンネル 8チャンネル, 14-bit
出力範囲 ±10V
出力 10mA max.
整定時間 31μ秒
デジタルI/O
入力ライン 8, TTL 3.3V LOGIC互換
出力ライン 8, TTL 互換
Timer/Counter
チャンネル数 4
分解能 32 bit, 20ns
モード PWM, counter, pulse generation
エンコーダ入力
入力チャンネル 4, single ended or differential
入力 A, B, Index
分解能 32 bit
その他
消費電力 最大7W
I/O コネクター 2×DB37-F ねじ式端子台
インタフェース Thunderbolt

ThunderboltマルチファンクションボードMF644

このページ(制御実験装置[データ収集ボード - Thunderbolt I/Oボード])のトップへ