制御実験装置

HILINKRAPCON:実時間制御環境ツール

ツールの特徴

HIL/RAP実時間制御ツールによりMATLAB/Simulink環境から物理プラントの制御を行えます。従来のDSPなどに比べ安価に実時間制御環境の構築が可能です。
制御ツールはMATLAB環境で使用可能な各種I/Oブロックを網羅したライブラリーブロックと多チャンネルのI/Oボードから構成されます。
教育用、産業用途共に最適なツールです。

【ハードウェア仕様】
A/D 0-5V 8ch (12bit) D/A 0-5V 2ch (12bit) エンコーダ 0-5V 2ch (16bit)
デジタル入力 0-5V 8ライン デジタル出力 0-5V 8ライン
キャプチャー入力 0-5V 2ch (16bit)
パルス出力 2ch (16bit) パルス入力 2ch (16bit)
周波数出力 2ch (16bit)
※I/Oボードには2つのHブリッジ回路(5A)があり、高負荷デバイスの駆動が可能です。入力、 出力の幾つかはハードウェアのシンプル化のため、多重化してあります。

以下、製品によりサンプリングタイムが異なります。
HILINKツール:サンプリング速度3.8KHz
RAPCONツール:サンプリング速度15.2KHz

 
HILINKツール:サンプリング速度3.8KHz/RAPCONツール:サンプリング速度15.2KHz

【必要要件】
Windows XP、7、10でシリアルポートを搭載したPC
 ※シリアルポートがないPCの場合、PCMCIA、EXPRESS CARD用シリアルカードをご使用ください。
Matlab、Simulink、Matlab Coder、Simulink Coder、 Simulink DeskTop Real-Time

Soft-RealTimeオプション
Matlab Coder、Simulink Coder、 Simulink DeskTop Real-Timeを必要とせずにMATLAB・Simulinkのみで安価にリアルタイム制御環境が構築できます。

このページ(制御実験装置[ソフトウェア-HILINKRAPCON:実時間制御環境ツール])のトップへ