情報通信実験装置

組み込みIoTトレーナー 形式:GT-IoT-900

導入

GT-IoT-900はCPUボード、ゲートウェイ(Raspberry Pi)、8種のセンサー、7種のアクチュエータから成ります。
ユーザー定義の環境内で以下5種のIoT設計、実験が行えます。
設計、実験結果はインターネット、Android アプリを介して確認、制御できます。
1)IoTファーム管理
2)IoT 火災警報
3)IoTインターネット制御トーイ
4)無人セキュリティ
5)ペットヘルパー

機能

1) GT-IoT900はIoTについて、IoT設計基礎、IoTアプリの実行方法について学ぶシステムです。
2) ファーム、工場、学校、オフィス、一般家庭などから収集したデータを実時間でスマートフォンに転送します。
3) あなたのアイデアを実現するための容易で楽しい開発環境を準備。
4) それぞれのアプリケーションサンプルはゲートウェイ(Raspberry Pi)S/W、センサーS/W、アクチュエータS/W、スマートフォンアプリS/Wから構成されます。
5) ゲートウェイは各種センサー(温度、湿度、光度、振動、サウンド、火災、煙、ガス、カメラなど)やアクチュエータ(リレー、LEDブザー、ポンプ、モータ、ピエゾサイレン他)と使用できます。
6) スマートフォンアプリを通じてビデオやセンサーデータに応答した様々なシナリオを実現できます。
7) GT-IoT900にはアプリ設計、実習用にファームウェア、Webプログラム、スマートフォン(Android)ソフトウェアサンプルが付属します。

このページ(情報通信実験装置[組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900])のトップへ

内容

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

実験カリキュラム

1章 IoT導入
2章 IoT技術
3章 IoTセンサー&アクチュエータ
4章 ゲートウェイ構成&開発環境
5章 IoTカメラ接続
6章 スマートフォンプログラム
7章 Apache、PHP、MySQLサーバー構築
8章 データベース実習
9章 スマートIoT設計&システム導入
10章 IoTファーム管理
11章 IoT無人セキュリティ
12章 IoT火災警報
13章 IoTペットヘルパー
14章 IoTインターネット制御トーイ

このページ(情報通信実験装置[組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900])のトップへ

仕様

【ハードウェア仕様】

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

【ソフトウェア仕様】

組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900

このページ(情報通信実験装置[組み込みIoTトレーナー GT-IoT-900])のトップへ

制御実験装置の製品ラインナップ