制御実験装置

磁気軸受実験装置

MBC500 磁気軸受実験装置

MBC500磁気軸受実験装置

この MBC500はアルミニウム台座に設置された2つのラジアル磁気ベアリングとそのベアリングにより支持されるシャフトにより構成される横軸型磁気軸受実験装置です。

ラジアル方向をシャフト左右両先端部分においてアクティブに位置制御できます(4DOF)。
軸方向はベアリング中心位置で受動安定化されシャフトは摩擦の影響なく自由に回転します。

卓上型ですので実験に大きなスペースを必要としない実験装置です。AC100V。

ターボ500磁気軸受オプション

ターボ500磁気軸受オプション

このターボ500を上記MBC500磁気軸受実験装置に取りつけるとエアータービンを最高10,000rpmまで双方向に回転できます。

タービン速度制御 実験やアンバランス制御実験が行えます。
※実験にはエアーコンプレッサー(別売り)が必要です。

このページ(制御実験装置[磁気軸受実験装置])のトップへ