情報通信実験装置

マイクロ波通信トレーナー モデル:MW-2000/MW-5000

マイクロ波コンポーネント設計、製造、マイクロストリップラインの解析

MW-2000機能

学生が、マイクロ波コンポーネント設計、製造、マイクロストリップラインの解析を行うための実験装置システムです。
このシステムには、標準デバイス、ソフトウェアプログラム、仕様書などが含まれます。
学生は実際の設計、製造、測定を介してマイクロ波テクノロジーについて学ぶことができます。MW-2000ではシステムレベルでのマイクロ波通信が可能です。このシステムでは2.4GHZ ISM帯域でのFSK変調、復調を使用します。PC、学生が設計するマイクロ波デバイスを使用し、ファイル転送、文字送信ができます。

マイクロ波通信トレーナー モデル:MW-2000

このページ(情報通信実験装置[マイクロ波通信トレーナー モデル:MW-2000/MW-5000])のトップへ

MW-2000 仕様

アイテム 仕様
周波数帯 2.4[GHz]〜2.5[GHz]
ビットレート 4800〜14400[bps]
変調 FSK
出力 +4.5 [dBm] Max
インターフェース 50 [ohm]
基盤 Rogers RO4003C
PCB 厚み 0.508 [mm]

このページ(情報通信実験装置[マイクロ波通信トレーナー モデル:MW-2000/MW-5000])のトップへ

MW-5000機能

・マイクロ波システムによる通信、測定
・マイクロ波帯域のFSK変調、復調
・5.8GHzでのデータ送信
・マイクロストリップライン設計理論の理解
・マイクロ波デバイスの基礎理論の理解

【MW-5000仕様】

アイテム 仕様
周波数帯 5.75[GHz]〜5.85[GHz]
ビットレート 4800〜14400[bps]
変調 FSK
出力 +4.5 [dBm] Max
インターフェース 50 [ohm]
基盤 Rogers RO4003C
PCB 厚み 0.508 [mm]

このページ(情報通信実験装置[マイクロ波通信トレーナー モデル:MW-2000/MW-5000])のトップへ

制御実験装置の製品ラインナップ