情報通信実験装置

制御実験装置の製品ラインナップ

モバイル実験 LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000

LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000

LTE-8000 機能

1) LTE-8000は開発、製造段階用のスモールセルテスタ
2) 組み込みアプリケーションサーバー&EPCによる反復E2Eコール/スループットApplication server
3) LTE-8000のコア機能が制御ソフトウェアで利用可能
4) 4RFポート付きLTE スモールセルテスタにより低コストでテストが可能
5) UE 故障診断モニターによるダウンリンク品質監視
6) 実際のネットワーク接続なしで、eNodeB そして/また HeNB 開発、テスト、デモ&その他
7) 簡単かつ最高のLTE スモールセルテストソリューション
8) LTE スモールセル 製造業者、LTE オペレータ、教育機関様に最適
9) ユーザーフレンドリー GUI インターフェースによる簡単設定 & 自律的 FTP スループットテスト
10)コンフィグ可能スループット、エラーレートによる Pass/Fail判定
11) 3GPP R9 complaint EPC プロトコルスタック
12) EPCパラメータコンフィギュレーション可能
13) アプリケーションサーバー組み込み
14) LTEスモールセル検証用4RFポート
15) FTP スループットテスト後にコール統計表示
16) テスト結果はExcel形式で保存可能
17) 制御ソフトウェアによる自動コールテスト
18) Call Test box内にEPCE & FTP server 組込
19) 3 Femto Aps configured beforehand while one is being tested

< 一般的な機能 >
1) Auto-Call スクリプト
2) スクリプト生成
3) Call 統計 Window
4) メッセージ復号
5) KPI グラフ表示
6) マッピング
7) BTS情報 & Serving Line
8) Test Drive Routeドローイング(Draw)
9) Trace Function
10) 距離測定
11) ユーザー定義マークのドローイング(Draw)
12) リアルタイムマッピングウィンドウ用の様々な設定
13) ユーザー定義グラフ
14) ユーザー定義表
15) ユーザー定義概要情報
16) Cell 測定情報 (LET用)を使用したハンドオフ状態
17) LTE ハンドオフイベント & LTE → 3G ハンドオフイベント
18) トレースバック機能
19) GPS 状態 & GPS衛星 状態
20) ロギング情報 & 通信統計
21) 可聴式アラーム
22) ホットキー / ユーザーイベント / ログファイルパス設定
23) BTS マネージャー
24) リレー

< アプリケーション >
1) Voice MOS (1/4, MOS call 統計 & MOS 値グラフ)
2) Voice MOS (2/4, POLQA MOS情報)
3) Voice MOS (3/4, POLQA パラメータ 詳細)
4) Voice MOS (4/4, MOS 信号グラフ & 波形形式 グラフ)
5) Video Telephony 1/2
6) Video Telephony 2/2
7) Ping & TraceRT 状態
8) VOD (1/3, MQAS video MOS アルゴリズム)
9) VOD (2/3, PEVQ video MOS アルゴリズム)
10) VOD (3/3, PEVQ video MOS アルゴリズム)
11) UDP
12) YouTube
13) VoIP
14) VoLTE

【 Additional costs for Applications 】
* Additional costs for Video Telephony
* Additional costs for VOD
* VoIP & VoLTE are extra cost

このページ(情報通信実験装置[LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000])のトップへ

LTE-8000 システム構成

LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000

 
LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000

このページ(情報通信実験装置[LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000])のトップへ

LTE-8000 システム構成コンポーネント

LTE Small Cell 1式
UE インターフェーススロット 1式
EPCE (EPC エミュレータ)用スロット 1式
アプリケーションサーバー用スロット 1式
ネットワークインターフェース用スロット(EPCEとサーバースロット間) 1式
MCU用スロット (LTE-8000 ハードウェア制御) 1式
LAN ケーブル 1式
USB ケーブル 1式
電源 1式
ソフトウェア CD 1式
USB タイプ UE 又はスマートフォン 1式

LTE-8000 ソフトウェア

【1】 3GPP R9 Standards on EPCE
1) 3GPP TS 24.008 > Non Access Stratum (NAS) protocol for Evolved Packet System (EPS)
2) 3GPP TS 24.008 > Mobile radioインターフェース layer 3 specificatioin: core network protocol
3) 3GPP TS 36.413 > Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); S1 Application Protocol
4) 3GPP TS 29.281 > General Packet Radio System (GPRS) Tunneling Protocol User Plane (GTPv1-U)
5) 3GPP TS 29.273 > Evolved Packet System (EPS); 3GPP EPS AAAインターフェース
6) S1インターフェース, MME, S-GW & P-GW

【2】 LTE-8000 Software
1) モバイル/モデムインターフェース制御
2) RF KPIディスプレー & ロギング制御
3) Layer 2 & 3 メッセージ表示 & ロギング制御
4) オートコールスクリプト管理
5) 統計 管理
6) Imポート/Exポート 管理
7) attach/detach 管理
8) downlink/uplink スループット測定
9) autocall スクリプト 管理
10)ログマスク設定 管理
11) UE, Femto Cell, EPC & Gatewayのシステムパラメータをコンフィグ
12) PLMN & QoSのプロトコルパラメータをコンフィグ
13)USIM info (HSS DB)コンフィグ
14) LTE 信号メッセージ

このページ(情報通信実験装置[LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000])のトップへ

LTE-8000 テキストブックコンテンツ

1. 導入
  1) LTE-8000 HWのスロット (ボード)構成
2. 主な機能
 1) 製造ラインテスト用ワンクリックオペレーション
3. 3GPP 標準
4. 機能リスト
5. コンテンツの確認
6. 前面&背面パネル機能について
7. ハードウェア設定
8. ソフトウェア、PC設定
 1) LTE-8000ソフトウェアのインストール
 2) PCのネットワークアドレス設定
9. デフォルト IPアドレス
10. 制御ソフトウェア
 1) メニュー
 2) ファイル
   (1) Autocall 開始
   (2) Autocall 中断
   (3) Autocall 停止
   (4) Exit
 3) 設定
   (1) ポート設定
   (2) インターフェース
   (3) DM ポート
   (4) Mdm/Net Adpt.
   (5) AT ポート
   (6) ADB デバイス
   (7) Mobile Alias 設定
   (8)インターフェース
   (9) Phone
 4) EPC 設定
 5) メッセージ
   (1) 信号メッセージ
 6) 統計/Status
 7) Call 統計/Status
 8) 統計
   (1) S/N (シリアル番号)
   (2) テスト番号
   (3) Pass/Fail数
   (4) Pass %
   (5) スループット (kbps)
   (6) エラー率 (%)
 9) Call
 10) メッセージ詳細
 11) クライエントリセット
 12) モバイルリセット
 13) Windows
 14) Help
11. ショートカットアイコン
 1) ポート
 2) EPC
 3) Autocall
 4) Alias List
 5) Autocall scenario用パラメータ設定
 6) コンフィギュレーション
 7) Autocall シナリオ
   (1) 開始
   (2) Call 停止
   (3) Call 開始
   (4) EPC フロー
12. Quick Start Guide
 1) Run LTE-8000 Software
 2) Install UE Driver
 3) Set EPCE パラメータ
 4) UE ポート設定: LTE-8000 ソフトウェアでUEを制御可能にする
 5) Autocall→ 反復 FTP テスト設定
 6) Autocall テスト実行
 7) テスト結果検証
 8) ソフトウェアを終了する

このページ(情報通信実験装置[LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000])のトップへ

LTE-8000 仕様

Div Spec Rrmarks
寸法 236 x 133 x 256 幅 x 高さ x 奥行き
重量 5.5Kg  
取付スロット 5 EA  
インターフェース 2 USB ポート
10 RF connection ポート
1 USB ポート
2 USB ポート
1 USB ポート
UEインターフェース slot
RFインターフェース slot
EPCEインターフェース slot
Networkインターフェース slot
Serverインターフェース slot
サポート O/S Windows 7  
スロット情報 Interl Core2Duo
2.16GHz CPU
Main memory: 2GB
HDD: 2GB*2 (4G option)
1 Gbps Ethernet
USB 2.0
Self O/S recovery function
携帯端末コネクター
CPU
MOLEX 52629-2651
ETX-PM 16GHz
24 PIN
* PIU Spec
 - Memory : 1G Byte
 - OS : Windows 7
動作環境 Temp: -5 〜 50°C
Vibration : 2G
(X-Y-Z each axis)
 
外部インターフェース Gigabit Ethernet
Front - 2 ポートs
Rear - 1 ポート
10/100/1000 Mbps
GPS External Serial smart
GPS
 
安全ヒューズ DC Current Fuse 10A break
冷却ファン 2 EA  
電力消費 7A@12V  
入力電圧 DC 48V  
入力電流 5A typical, 9.5A max  
テクノロジー LTE  
サポート EWF モード lock read/write ウィルスからシステムを保護
携帯端末同時使用最大数 2  

このページ(情報通信実験装置[LTEタイプ、セルラーモバイルトレーナー モデル:LTE-8000])のトップへ