情報通信実験装置

RFID-5000

RFID-5000

RFID-5000特徴

このシステムは既存のPLCシステムにRFID技術を組み合わせたものです。タグが付いた製品を投入し出荷される工程や貯蔵倉庫にリーダーをインストールすることで、正確なタグ情報の読み取りによる物流管理をデモできるように開発された教育装置です。実社会でのRFIDアプリケーションの実習が可能です。

このページ(情報通信実験装置[RFID-5000])のトップへ

RFID-5000機能

RFID応用物流管理システムは、製品にタグを付け、出荷する前の工程をRFID[無線電波の識別]の技術により自動的に管理するシステムです。タグを付けた製品を入力すると、RFIDによる製品情報を読みとり、指定された場所に保存して、サーバーが製品注文を受信すると希望の製品と数量を目的地まで発送します。これらのすべてのプロセスは、既存のPLC技術とセンサー技術の先進的なRFID技術を組み合わせて処理されます。

1)商品内容、数量、単価などの商品情報をあらかじめタグに保存
2)コンベアベルトからラックへの搬送中に分類される不良品情報
3)配送指示情報
4)商品配送完了情報

RFID-5000仕様

商品保管倉庫
マガジンユニット-円筒形C30
タイプ(3layerの2lineラック構造-保存品を、オープンタイプ)
サイズ- 106Lx 47WX 294H mm
ロード 6EA
センサタイプ:マイクロスイッチ
・光センシング-ストレージデバイスシフト
左右輸送
シリンダーシフト(X軸)- TCDMF20-50
フロントとリアの輸送
シリンダーシフト(Y軸)- TGQM 16-50
上下運搬 モーターを使用(Z軸)
電圧定格:220V 50/60Hz 6W
回転速度:1250[RPM](1/5減速ギア)
商品配送デバイス
タイプ: ラックタイプ
サイズ60L X50WX80h mm

コントロールボックス
タイプ タワー型
サイズ520LX 170W X400Hmm
入力スイッチタイプ:Φ12、ノンロック、ノーマルオープン(NO)タイプ/赤色
出力スイッチタイプ:Φ12、ノンロック、ノーマルオープン(NO )タイプ/緑色
リセットオーダースイッチ:Φ12、ノンロック、ノーマルオープン(NO)入力/赤
緊急停止スイッチΦ16、ロック、ノーマルオープン(NO)タイプ/赤
センサー タイプ -光ファイバセンサー
最大検出距離)120mm(可変型)
最小検出サイズ- ¢ 0.03
タイプ−光センシング-オンNPN型オープンコレクタ

コンベヤー
タイプ:ベルトコンベアタイプ
定格電圧 1Φ220V 50/60Hz  6W
回転速度:1250[RPM](1 / 30減速ギア)
PLCユニット
CPUプログラミング: IL, LD, SFC
メモリ:68Kbyte
電源電圧DC24V / AC220V / 1A
入力電圧DC24V入力 出力
出力リレー16point

RFIDデバイス 構造固定型
周波数13.56MHz
プロトコルISO 15693
検出距離約3cm〜5cm
通信ポートRS - 232
変調-ASK/FSK タグ型 パッシブ

このページ(情報通信実験装置[RFID-5000])のトップへ

制御実験装置の製品ラインナップ