情報通信実験装置

ユビキタスセンサ制御実習装置 USC-5000

USC-5000は、無線制御の教育だけでなく、さまざまな種類のセンサ、モータ、電源を利用した各種応用分野の様々な実習を通して、将来のホームネットワーキング、ユビキタス、テレマティックス、産業現場での制御に適用される技術を教育する装置です。

USC-5000機能

ユビキタスセンサ制御実習装置 USC-5000

・GUI環境での集中制御方式の教育システム
・13の各アプリケーションモジュール別実習での集中的ユビキタスシステムのトレーニング
・実社会での利用率が高いセンサ、モータ、電源モジュールの実習
・産業用システムの全体的な教育
・ハードウェアの教育およびソフトウェアのトレーニング
・容易なソフトウェアのトレーニング (実際に使用する関数を提供)
・全13種類のモジュール別実習教育
・通信プログラムのシステム−プログラミング実習
・ネットワーク実習が可能なサーバーのコンテンツの教育[別売]

このページ(情報通信実験装置[ユビキタスセンサ制御実習装置 USC-5000])のトップへ

USC-5000仕様

無線規格
チップセット CSR Core Chip Set(Samsung Module)
チップセットの仕様 Bluetooth Ver1.1 or 1.2
使用範囲 10m、100m(Class2、Class1)
インターフェース UART、USB、SPI
コントローラの仕様
チップセット PIC16F877 又は F74
動作速度 4MHz〜20MHz
インターフェース UART、12C、SPI
機能 割り込み、A / Dコンバータ、タイマ
センサ仕様
センサの種類 温度センサ2種類 温度測定用(SMDタイプ、半導体型) -40℃〜120℃
赤外線センサー2種類   5〜20μm、3m内外
タッチセンサ セキュリティ関連アプリケーションセンサー  
超音波センサー セキュリティ関連のアプリケーションセンサー 10m以内
ガスセンサー ホームオートメーションの関連センサー CO2 orアルコール
湿度センサー ホームオートメーションの関連センサー 0〜100%
圧力センサ セキュリティ関連のアプリケーションセンサー 10psi

このページ(情報通信実験装置[ユビキタスセンサ制御実習装置 USC-5000])のトップへ

USC-5000学習課題

1)スレーブコンテンツ

第1部 はじめに
第1章 ユビキタスセンサ制御システム(USC - 5000)の概要
第2章 PIC系列コントローラの理解
第3章 サーバープログラムのインストールおよび動作原理の理解
第4章 Bluetooth技術の理解
第2部 無線の基礎実習
第5章 無線機器の検索実習
第6章 無線機器の接続実習
第7章 無線データ・音声通信演習
第8章 ワイヤレス機器接続解除実習
第3部 無線応用演習
第9章 リモートDC / Stepモータ制御実習
第10章 リモート電源制御実習
第11章 リモート温度センサ制御実習
第12章 リモート赤外線センサ制御実習
第13章 タッチセンサ制御実習
第14章 リモート超音波センサ制御実習
第15章 リモートガスセンサー制御の実習
第16章 リモート湿度センサ制御実習
第17章 リモート圧力センサ制御演習

2)マスタサーバーのコンテンツ[オプション:別売]

第1部 はじめに
第1章 ユビキタス無線制御システム(USC - 5000)の紹介
第2章 サーバプログラムの概要
第3章 Bluetooth技術の紹介
第2部 基礎演習
第4章 マスタ-情報を確認する演習
第5章 周辺機器(スレーブ)の検索実習
第6章 ワイヤレスネットワーク接続実習
第7章 音声接続実習
第8章 音声接続解除演習
第9章 データ接続解除実習
第10章 無線データ受信実習
第3部 応用実習
第11章 ネットワーク設定の実習

このページ(情報通信実験装置[ユビキタスセンサ制御実習装置 USC-5000])のトップへ

制御実験装置の製品ラインナップ