制御実験装置

振動制御実験装置 Model#210

RECTILINEAR PLANT

振動制御実験装置 Model#210
Model210製品の拡大画像はこちら

このプラントは容易に様々な配置に変更可能です。
このモデルにより一般の制御問題、パラメータ動力学の両方を鮮やかに説明することができます。これは制御法評価の基準となるシステムであり一般の動力学、制御テキストブックで多くみられる内容をわかりやすく説明することが可能です。

この古典的な振動制御実験システムは力学、制御教本で一般的に取上げられ、制御方法評価の基準として役立ちます。これはトーションプラントにダイナミック構成適応性機能にパラメーター調整機能を含みます。モデル205と同様にこのシステムでは剛体PID制御、リード・ラグ補償、位相、ゲイン余有、軌道トラッキング、調整などの初等トピックスや高次並置、非並置システム制御などのさらに上級制御の鮮やかな実演を提供します。

この2つのシステムはまたモード形、固有周波数、周波数特性、過渡応答などのフレキシブルシステムの突出した特性を明らかに再現します。
可調整マス、可交換ばね、可調整エアーダンピングを備えています。
オプションの外乱駆動モーターをセットすることでMIMOプラントを生成、外乱除去実験が簡単に行えます。
(USR® 又は RTWT/RTLT ソフトウェアが必要です)

モデル210データシート

このページ(制御実験装置[振動制御装置 Model210])のトップへ

外乱駆動オプション

モデル205と210ではオプションの外乱装置が利用可能です。
外乱除去、システム調整の重要なコンセプトを実演します。
外乱駆動装置はどのディスク、キャリッジマスにも取付可能です。
プログラマブル粘性摩擦、ユーザー定義型式のみならず、プログラマブル時間と空間依存外乱形状のライブラリーも提供されています。

Number of Unique Configurations Twelve. Sixteen with optional 3rd mass carriage. Twenty including MIMO with secondary drive accessory.
Mass Adjustment 5:1
Spring Adjustment 4:1
Damping Adjustment 50:1
Dynamic Frequencies Poles & zeros adjustable in range from 1.5 to 7 Hz.
Size Bench-top, 31x92x15cm
Feedback High res. encoders, 1600 counts/cm.
Actuator 8 N rack & pinion, Fe-Co brushless motors
Servo Amplifiers 5 KHz current loop bandwidth

このページ(制御実験装置[振動制御装置 Model210])のトップへ